飛騨へのルートは3通り

 鉄道マニアがやりそうな大回り乗車を除けば東京と飛騨地方を結ぶルートは3通りです。

・東海道新幹線、高山線ルート・・・名古屋経由で南から岐阜県入りするルートです。

・北陸新幹線、高山線ルート・・・富山経由で北から岐阜県入りするルートです。名古屋経由に比べて距離が短いが本数が少ないので乗り継ぎによっては時間がかかります。

・安房トンネルルート・・・高速バスのルートです。松本経由で安房トンネルに向かいます。距離は短いが新幹線を利用しないので時間がかります。

 このうち本編で登場するのは「東海道新幹線、高山線ルート」です。オープニングの飛騨迄一っ飛びのところは「安房トンネルルート」上空に近い所を行きます。そして「北陸新幹線、高山線ルート」は登場しません。クレジットされているJR東日本企画さんからすれば一番儲かるルートですが不採用なのです。
 では何故東海道新幹線経由なのでしょうか。色々考えがあると思いますが二人が会えない状態というのが一番の要因でしょう。このルートは一番発破の貢献度が比較的低いルートなのです。東海道新幹線はほぼ在来線に沿って建設されておりトンネル区間が少ないのです。つまり山脈に抗う事無く地形に沿って進むのです。これで二人の距離が表されているのです。
 逆に作中では空想、理想のルートとして登場する安房トンネルルートは発破を使いトンネルを掘って形成された最短ルートです。奥飛騨と呼ばれた地域が飛騨の玄関口になって仕舞った程の地形の変化です。距離的には理想のルートと言えるでしょう。
 北陸新幹線は新しい新幹線だけにたくさん発破を使っています。先ず碓井峠です。長野新幹線の愛称で先行開業した区間です。在来線の横川軽井沢間は列車の後ろに機関車を繋ぎ後押ししていました。こうやってやっとの事で峠を越えていたのです。この状態をトンネルと迂回ルートによって勾配を解消したのが今日のルートです。因みに在来線のこの区間は新幹線開業と共に廃止されてしまっています。また長野から宇奈月、富山に抜けるルートは在来線だと一旦海側に出てから海沿いを走る直江津経由でした。新幹線ではここをトンネルを掘ってショートカットしました。

広告




雪が変電所爆発に大きく関わっていた!?トップ
新海誠監督作品について考えたことトップ

シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。