呑み鉄にゃんこ的調性観で「夜に駆ける」の転調を読み解いてみた。

「夜に駆ける」の作曲の特徴としてよく指摘されるのが転調がユニークだという事だ。J-popによくあるのは曲の最後に盛り上げるためキーを上にずらす転調である。それに対しこの曲では一旦下がってまた上がる転調をしている。
【素敵なスポンサー様】



ポップスだけの話ならこれでいいかもしれない。だけどクラッシック音楽の世界には調性の性格という考え方も存在する。調性(キー)毎に性格があるというものだ。検索すれば偉大な作曲家や学者の様々な考察が出て来る。しかし、なんか丸暗記しなきゃいけなそうで難しい。大体の目安だと以下の通りになると私は思う。

私は楽譜を開き最初に調号を見た時こんなことを考えている。調号が少ないほど若く多いほど年を取る。#は男性♭は女性と言うイメージだ。純粋なハ長調から二つ三つ調号が付く辺りが一番調整の性格が出て来て沢山ついてると淡い感じになる。ハ長調は赤ちゃんで一つ付いたくらいが小学生。二、三個が十代から二十代の若者。#二つ(ニ長調)と三つ(イ長調)の違いは校則で黒かったり野球部で丸刈りだった頭が大学の入学式で茶髪だらけになるような感じ。四つ付くと落ち着きが出て来る。五つ以上は何か悟ったような、危うくあの世と繋がってるよう感じ。

改めて「夜に駆ける」の転調についてみてみる。始まりは♭三つでずっとそのまま物語が続いて曲が大きく動くところで#二つ。更に最後は♭一つに転調している。大きく動くところは彼女が初めて笑った後のところ。彼女にリードされて行く所である。力強い#系の性格をはっきり出して引っ張って行く感じだろうか。最後の♭二つは初めの調に対してハ長調に近い純粋な調である。忙しい日々から何かしr純粋な心を取り戻したような感じである。

・最初の転調で引っ張って行く。
・引っ張られた結果次の転調で純粋な気持ちに繋げて行く。

ではやっぱり男女逆転していないか?と思われるだろう。上記の表は私が作ったものだが気に食わない部分もある。ジェンダー的な固定観念がもろに入っているから何とかしたいなと思っている。しかし、言葉と言うものは長年の文化の積み重ねの中で作られるようなものである。一日二日で創造するのは無理だ。だから男性的とか女性的は分かりやすい表現になってしまう。なので「男性的と言うけど一昔前までは確かに男性に求められた役割だけど今はそんな事気にする事無い何か」と言う感じで捉えて貰えたらと思っている。

【素敵なスポンサー様】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です