「天気の子」の「愛」の変化の分析とオリンピックについて書いてみた。

「天気の子」(新海誠)ではラッドウィンプスによる楽曲が五曲も用いられています。中でも{愛にできる事はまだあるか」は本作を象徴する曲です。この曲は廃屋で警察と対峙するシーンとエンドロールの二回に用いられたいます。この二つのシーン、よくよく考えると「愛にできる事」が全く異なっています。一方は「戦う」ことでありもう一方は「助け合う」ことです。

・「天気の子」の作中での愛にできることの変化
物語の序盤は「助け合う」愛があふれています。
・陽菜さんのビックマック
・須賀さんの住み込みバイト
これらのお陰で帆高は東京で生き延びれました
そして「晴れ女のビジネス」は天野姉弟を貧困から救うためのものであり依頼者に只々喜んでもらう為のものでした。

ところが幸せも束の間、児童相談の職員が天野姉弟を問題視したり帆高が警察から追われたりして逃げなければいけなくなってしまいます。ここからは三人は助け合っているが世間や警察とは対峙する事となります。そして以下の行動に出るのです。

・雷を落とす
・銃口を向ける、発砲する
・飛び掛かる、殴る

誰かを愛するが故の行動です。その結果「戦い」に発展しました。

ラストでは人々は不自由もあるが支えあって生きています。

・堤防を築く
・鉄道に代わる水上バスを走らせる

そんな世界で生きて行く事を誓います。そこでの「愛にできる事」とは。

こうして見ると「天気の子」は不信感、切迫感から「愛にできる事」が変化していく様を描いた作品とも見る事が出来ます。「助け合う事」から「戦う事」に変化し事件が起き、最後は「助け合う事」で乗り切る世界になりました(そう選択した?)。

そしてこれから問題にしたいのは「戦う」という愛にできる事の形です。これ、人々を戦争に駆り立てるような愛なのです。

・「戦う」と言う愛にできることの形と先の大戦

要するに愛する人を守るために自分は死んでゆくとういう愛にも通じる愛なのです。先の大戦で散華された方々は日本を守るために戦ったのです。列強諸国の植民地政策の魔の手が迫って来て石油の輸入経路も絶たれた状況で侵略せれるのも時間の問題。追い詰められた状況の打開策として戦争に突入していったのです。また戦争末期は連日のように空襲され本土においても死の恐怖を感じるようになりました。そんな中敢行されたのが特攻作戦でした。隊員の遺書は残された家族を案ずるものが殆どです。こうした追い詰められた状況で「愛国」と言う言葉が広まり戦争が正当化されていったのです。

詳しい歴史的な経緯は太平洋戦争とは何だったのか(福島宏希)を参照されると良いかと思います。

ここで私が強調したいのは
・日本は追い詰められていた事
・植民地にされたら人権なんて奪われる事
そんな世界の中で
・愛する人を守るための戦いを敢行した事

です。戦うという「愛にできること」の形が爆発してとんでもない事になったのですね。

コロナ禍での「愛にできること」
この戦うという悲劇を生みかねない「愛にできる事」が現在日本でもくすぶってるように感じます。未だ爆発していないのですがこれから先の不安要素でもあります。

自粛要請の中で観光業や飲食業、娯楽産業等は大打撃を受けています。休業補償も充分に無く廃業に追い込まれた店も数知れず。政府は「緊急事態宣言」や「蔓延等防止措置」等を度々発出して経営者を翻弄させています。そんな中で不満の声や焦りの声も至る所で聞かれるようになってしまっているように思います。このお二方のTwitterでえも

いつもは新作の制作風景や鑑賞記録をほのぼのとツイートされる監督にしては殺気立ってるような気がしないでもないです。映画を愛するが故のツイートですね。

野田さんも心境を吐露されています。

このように愛する何か(産業、青春、趣味、文化などなど)を守るために何かしなければならないという空気が全体に広まっています。戦うという「愛にできる事」の形の輪郭が徐々にはっきりとしてきているように思います。
東京オリンピックはこのような空気の中で行われたのです。平和の祭典として考えた時にこの状況で開催して良かったのでしょうか?人々を戦争に向かわせるような愛がくすぶっている国で。更に悪い事には「#バッハ帰れ」です。国民には移動の自粛を求めておきながらバッハ委員長は全国を回っている事への国民の不満ですね。他にも諸々の行事が中止になったのに何故オリンピックは出来るのだという矛盾から怒りの声も聞こえてきます。平和の祭典が火に油を注いでどうするんですか!

 いろいろと思う事はあるかもしれません。未だ声を上げるという戦い方で済んでいます。人間皆立場が違うのでこれぐらいの衝突は仕方が無いという考え方もできます。ただこのまま理不尽な締め付けが続くといつかは「愛にできること」が爆発するのではないでしょうか。平和の祭典やっておきながら、それどころかそれが切っ掛けで暴動に発展したら目も当てられないですね。成和の祭典として成功させようと考えるならまだまだ課題が多い、と言うかよりによって神はその課題を日本に課したなと思います。不満を和らげていきワクチン等で「大丈夫だ!」と言えるようになるか、取り敢えず抑え込めてるうちは平和という事でいいのか、あるいは爆発してしまうのか。私達、選択を迫られていますね。

それにしてもこの作品を20021年の設定で世に送り出した新海監督はすごいなあ。。。歴史は繰り返すというから人間観察をしていればたまにはこういう偶然もあるものでしょうか?
そして世間では「#バッハ帰れ」という声が上がる中でオリンピックを盛り上げようとしている野田さんも凄いな。中止や自粛の損害をもろに受けてもなお助け合う、協力し合う愛の形があふれています。それだけに彼の歌は更に力強く感じます。