長野電鉄OS11編成お別れ会

昨日は須坂に行きました。長野電鉄の須坂駅構内で長いこと留置されていた車両ですが解体が決まり最後にお別れ会をすることになりました。新潟から帰るついでに寄れたので運が良かったです。
以前快速くびきので下った信越線を南下し長野へ行きそこから長野電鉄に乗車。元成田エクスプレス車両の特急スノーモンキーで須坂へ行きました。快適なだけに時間が短いのが残念。
そして須坂に到着しOS車に再会です。以前は留置線に停められているのをホームから眺めるだけでしたが今回は目の前にあります。やっぱりその会社オリジナルの車両は良いですね。社の誇りを感じます。眺めたり、座ったり、撮ったりしているうちにお昼になり町へ行きました。久しぶりに歩いてみたかったです。
特に変わりがないような気がします。
墨坂神社でコンビニ弁当を食べたあと少しぶらぶら。そしたら文化財の旧家が無料解放されていたのでのんびりしようと入りました。旧越家住宅(山丸一番館)でした。ボランティアガイドの方が案内してくれました。須坂一帯で製糸工場を経営していた越家の旧宅です。屋代線は越さんが製品を信越線を経由して輸出するために引いたとか。このお別れ会の日に長野電鉄の歴史にもふれられて幸せでした。
そうこうしているうちに終了一時間前のいになり撮影、乗り納めをしました。実際に走っている彼に乗ったことはないが寂しいです。いまでお疲れ様でした。

 

幕回しの動画です

  1. 終了後の移動の動画です。
シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA