ありがとう485系 羽越 帰り

酒田駅出発!名残惜しい気分になりました。この一面に広がる田んぼも回りの山々も485系にとってこれが最後です。よく味わって乗らねばです。

途中最上川橋梁を事故列車と同じ方向から侵入します。この日の天候は申し訳ないほどの晴天でした。事故当時の荒天は想像つかない程です。そして慰霊碑の前は誰もいないもよう。そして今回も警笛は聞こえませんでした。立派な慰霊碑の割に忘れられていないかな?

帰りも鶴岡駅で停車。いなほ号を先に通します。反対側のいなほ号のホームからの撮影は利用者の邪魔になるので控えてくれとの放送が流れます。

鶴岡着。脱兎のごとく駆け出す撮影部隊が居ました。そう焦ることもないのでのんびりホウムにでます。こうやってのんびり眺めるのは和みます。さて、いなほ号のホウムですが列車到着まで暫く時間があるためか人もまばらです。そんなに迷惑になることがなさそうなので跨線橋を渡っていく人もチラホラ。特に大きな混乱もなく終わりました。

そしていなほ号入線です。最後の新旧顔合わせ私は跨線橋から狙いました。うん、まあまあのが撮れた。

鶴岡駅を後にして海を目指します。庄内平野ともお別れです。海を近くにした高揚感より名残惜しさが残ります。

さようなら485系【DVD4枚組】

列車は笹川の流れの区間に差し掛かります。そこで例のアレを拝みました。hhh

一面に広がる海。485のモオタア音。田舎に向かってるっていう感じがして良いですね。本来なら終了していた485系の羽越線運用。素晴らしかったです。


ザ・メモリアル 485系いなほ [DVD]

村上駅の手前で交直切り替えです。翌日の信越号は直江津止まりなのでこれが最後の切り替えです。皆が息を殺して見守ります。消灯、すぐさま点灯。なんかいつもより短かったような気がしました。点灯と同時に気持ちが解れたのかざわざわしてきました。

村上、新発田の運動会を経て白新線へ。途中駅でまさかの長時間停車です。歯科も扉は開かず。そんな時間んを利用してのオルゴール全曲放送。西洋のクラッシックばかり四曲です。鉄道唱歌は無いのかな?昨年六月の仙台の485原型のラストランの時にリクエストしていた人が居ましたがその車両にも収録されていなかったです。何故この四曲を積み込んだ車両ばかりが残ってるのでしょうか。

この時間を利用しての居眠り。スッキリしました。そして列車は新幹線の高架の横を走りタアミナルのポイントに差し掛かります。ガタンガタンとレールを鳴らして入っていくのは特急様のお帰りという感じがしてよいですね。

そして新潟駅到着。快速時代十分撮影した車両なのでこの日の撮影は軽く済ませました。

また明日!車両基地に回送されるのを見守りました。はあ、美しい!

シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA