いろどり木曽路を追いかけ回して その6 姨捨駅寝

楽しみのひとつには宿がありますね。景色が良かったり料理が美味しかったり。今回の宿は姨捨駅です。言うまでもなく絶景です!

ラーメンを食べた後同行者と別れ姨捨駅へ向かいました最終列車に乗ったので着いたらすぐに寝れます。さっきよりも晴れているか?だいぶ晴れていました。夜景がよく見えます。四季島はラーメンに夢中になっている間に行ってしまったようで静かな無人駅です。

今回は2番線ホームの待合室で寝ました。跨線橋の階段の下の空間にあります。そこからの眺望も中々のものです。ただ蛍光灯が点きっぱなしの為反射してしまうのが残念。

その日は明日に備えて早めに寝ました。今回は夜景を楽しむと言うよりも明日のいろどり木曽路号の撮影が目的です。

翌朝目が覚めると雲海の中に居ました。雲が良い感じにたなびいています。まだまだ日が昇るのが早いこの時期。始発列車まで時間があります。誰にも邪魔せれずに駅ナカ雲海散歩が清々しいです。


広告


しばらくすると踏み切りが鳴りました。クモヤかと思いましたが貨物列です。東京の方から来た高崎機関区の機関車に牽かれてタキが上ってきました。まさに天に昇る瀧ですね。

こんな絶景の日に名残惜しいですが撮影に向かいました。続きます。。。

広告


シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。