いろどり木曽路号を追いかけまわして。その10 奥姨捨の夕暮れ

姨捨駅に高崎の機関車が入って来ました。東京や~。愛知の国鉄型とは違った新鮮さがある機関車ですね。姨捨駅で待避のようです。発車をまって居られず出発しました。

その日二回目の奥姨捨です。朝も歩いたその道をもう一度たどります。途中手押し車を発見!地名が地名だけにびびるやないかという感じです。

早朝や昼前と太陽の位置が違いますね。影の出来方で判ります。景色が逆光っぽくなり影が柔らかな感じです。暑さのピークも過ぎて居心地がいいです。

途中、森の中の踏み切りを渡ったところで鳴り出しました。もしやと思ったらやはり高崎の機関車です。冷却装置を堂々と唸らせて上っていく様は森の王者です。

広告


高速道路の脇を進んでいるともう夕暮れの虫の声が聞こえます。これを撮ったら本当に一日が終わるのだな。本日最後の一踏ん張りです。

到着してから時間に余裕があったので他に撮影できる場所がないか一応散策。しかし道が上手いこと通じていないので断念です。朝と同じところでの撮影が決定です。集落は微かに人の気配がする限界集落という感じですね。農場に興味がある若者にとって喉から手が出そうな光景かもしれません。そのせいか昭和の遺産がしっかり残っている感じです。現代的な建物がないのも貴重な雰囲気。


広告


この後は光線との戦いでした。大分日が短くなったのか山の影に隠れてしまうのか六時位になるともう撮影が困難です。

感度をあげての撮影を余儀なくされます。じんわりじんわり画像が荒くなっていくのが悔しいけど仕方ないか。9月の大糸線の運行の時は時間も遅いし日も短いのでここでの撮影不可能です。


広告


練習列車で調整して本番です。来ました。でも小さいな。やっぱり風景を狙うと厳しいです。近づいてからと踏み切りでもシャッターを切りこれはなかなかいい感じです。

そのすぐ後にリゾートビューふるさとが追っかけて来るのでせっかくなので撮影。保護色ですね。ふるさとの山々をデザインした列車というのがよく判ります。


広告


帰り道は虫の声が心地よかったです。夕涼みの棚田、花、虫、それから町。姨捨は本当に日本がぎゅっと詰まっています。もうちょっとゆっくりしていたいですが電車の本数も限られているので撤収!数分の遅れに救われました。


広告


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。