札幌新海誠展@札幌

いきなり北海道最終日の話題ですね。列車の遅延で飛行機に乗り遅れる確率が行程中一番低い用事の話です。

前日は札幌駅前のネットカフェで宿泊。結局ナイトパックでギリギリまでいたので疲労回復です。駅前のコンビニで小道具を購入して地下鉄乗車。いざ新海展へ!

 

芸術の森に到着後まず小道具を使って撮影。

「秒速5センチメートル」のひとこまを連想させられるかと思いますが。

そう、雪印の「カツゲン」とセイコーマートの「ミルクコーヒー」。どちらも北海道限定です。作品では種子島のローカルな商品でしたがその北海道版です。

では、行ってきます!

サックというと、死角のむこう、場面の転換が素晴らしかったです。曲がり角を曲がって最初に目に飛び込んでくるものに工夫が凝らせれていて物語のなかに居る感じでした。

他にもいろいろ気がついたことがあります。それはネタバレになるのもあるので別にページを用意しますね。こちらです。

結局閉館まで鑑賞していて辺りはすっかり暗くなってしまいました。雪に浮かぶ素敵な美術館です。

小道具の紙パックも幻想的に撮影できました。

そして思い付きでこんなものを書いてきました。

2月21日に書きました。22日以降ご覧になってくださった方いらっしゃるでしょうか?知らない通行人の方が見たらビックリしそうですね。

素敵なひとときをありがとうございました。

そして最寄りのバス停がまた素敵でした。

ログハウスみたいな作りで裸電球の暖かみがあってほんわかしますね。丁度雪も降ってきました。いい感じです。

さてさて飛行機の時間が迫っているのでバスを真駒内の駅で降りたらダッシュ!さっぽろ駅の乗り換えが遠いのが憎くなります。旅の儀式になってる駅そばもぬるめで注文。丁度よい温度で掻き込めました。ありがとうございます。思い出してみましょう。新海展を最後にした理由。そう、飛行機に乗り遅れないようにするためでしたね。なのにこんな状態です。撮影に夢中になりすぎました。ある意味危険だったかも。悪いのは私です。「飛行機の時間注意!遠征の基本でしょ!!!」
(再度になりますがネタバレありな感想です!)

シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA