遅延はチャンス!というわけで遅延ムーンライトながらを撮ってきました。

ムーンライトながらですが夜遅くに出て朝イチに到着すると言う体力勝負の夜行列車としても有名です。撮り鉄としても朝は暗い時にやって来るので撮りづらい列車です。ところが昨日は遅延していました。朝早くに目が覚めてしまいツイッターを確認したら浜松で抑止していてちょうど出たところだそう。豊橋からでも名古屋までは一時間かかります。今から行けば十分間に合う時間です。思わずスクランブル発進。少々なやんだあげく庄内川の橋梁で撮影することにしました。朝の涼しい時間と言えど自転車を漕いでいると暑いです。

何時来るかわかりませんが蒲郡から先行している特別快速が通過する20分くらい前に到着。練習がてら新在の列車を撮ってみると順光で晴天と言う文句なしのコンディションに清々しさを感じました。

先行の特別快速が通過するとムーンライトもすぐ来るだろうと思ったのですがなかなか来ません。すぐ後を停車駅なしで追いかけているのですからそのような気がしますがなかなか来ません。貨物の筋に乗っているのでそれに合わせているのでしょうか?

ラッシュ時間のダイアの切れ間からうおーんという直流モーター音が沸き上がってきました。ホントに誰もいなくなったところを堂々と現れました。鉄橋の長さもちょうど良くきれいに収まりました。かつて117系も通った道だけに郷愁に駆られます。本当にそっくりです。

廃止が噂されているだけに是非もう一度乗っておきたい列車です。あと、今度は313系が被ってくれてもいいかな。東海管内にやって来るのはレアなので。313系が四両とかだったら丁度良いかも知れないです。

ちなみに自宅から片道18キロの輪行だったようです。そんなことも感じさせないくらいに追い求めていました。

最後に、ツイッターで色々と情報を流してくれた皆様、本当にありがとうございました。
YouTubeの動画はこちら→https://youtu.be/CdNgcJnqUHw
広告


シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA