さんふらわあ下船 志布志上陸! 舟游5月の九州旅3

船の朝は早くは無い。特にこの日は雲に被られていた為に朝日も見られない、只々大海原が広がっているだけなので、何かを見逃すということも殆どない。こうしてレストランの営業が始まっても船室でまったりしていた。
朝食はバイキング形式で620円。(改訂されている可能性もあるので公式ホームページ等で確認お願いします。)昼食を抜ける程胃袋に詰めておけばコスパが良い。貧乏旅行らしい思考である。海側の席は殆ど埋まっていた。その中で如何にも空いたスペースに無理矢理作った感じの二人掛け席が空いていた。二人掛けと言っても横に二人で目の前にパーテイションという如何にも一寸大きな駅そば屋という感じの席である。一人旅なら寧ろこちらの方が良い。

広告




もう既に陸が見える処を航行していた。茶色い岩肌が勇ましく、その間の平地はどこか郷愁をそそられた。
料理の内容はごくごく一般的な和洋食である。これを三回程おかわりしてデザートもしっかり食べて元を取った。

一寸苦しいが下船の準備に取りかかる。朝ゆっくりした分だけ残された時間はあっという間だ。車での下船が始まったが徒歩での下船は最後である。荷造りの仕上げに入る。舟を降りたは良いが何処へ行こう。無計画なので歩くしかないのだ。
志布志のフェリーターミナルは年期が入っていて小ぢんまりしている。そして駐車場は土地を贅沢に使っている感じがする。小さな港だが沖縄や東京からもフェリーがやって来るらしい。
おやおや、またあの飼育小屋の臭いがする。飼料の臭いだ。以前八戸で見たものと同じようなサイロもあり社名も同じだ。このような港の定番らしい。九州は酪農も盛んなようだ。ここから九州各地に飼料を届けている。


近くに公園があったので一休み。乗ってきた船がポツリと泊まっている。海を眺めるのは地球と一つになるようだ。皆バスに乗り換えたり車だったりで他の下船者はいない。歩こうなんて物好きは私だけのようだ。


 少し歩くと大きな交差点があり、方向を確認してまた歩き出す。大きな商業施設らしい建物が見えてきた。道は未だ未だ続いている。とりあえづ駅まで頑張ろう。ふと目を右に遣ると小さな建物が見えた。それが駅のようだ。何とあっけない。八戸の港からは駅まで橋や工場や更には街とかを抜けて漸く辿り着いたのに、今回はあっけない。貨物列車を走らせるなら恵まれた土地、路線だっただろうに。
 とりあえず駅に着いた。これからの事については観光案内所に助言を頂こう。


舟遊5月の九州旅トップへ
広告


シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA