ぶらり志布志巡り 舟游5月の九州旅4

 駅に観光案内所が併設されているという田舎の駅ではよくあるパターン。行政が管理しているのか手が行き届いていて美しい。

ホームは棒線が一本と車止め。広々とした空き地は側線が幾本も並んでいた跡のようである。時代の流れの中でそれらは賑わいと共に草蒸し駅舎は最果ての町の温かい装いへと姿を変えたようだ。待合室は木の臭いが漂いホッとする。夜間は完全に無人になるため寝てみたい駅になって了った。
肝心のこれからの計画はというと、食堂の案内は今のところ必要なさそうだ。朝食が暫くは胃の中にある。史跡等はモデルコースがあるがその通りに回っていると時間が掛かる。列車の撮影もしたいので其も考慮しつつ回ろう。
取り敢えず歩いた。歩いてみなければ始まらない。車の通行も大して多くない町の通りである。ヤシの木なぞが植えてあるのが如何にも南国らしい。


適当な処で線路を渡る。何かしら土が盛ってある。廃線跡みたいだ。駅の側線から延びていたのだろうか?そんな事を考えながら汽車ごっこしてみるのもまた楽しい。
線路を挟んで反対側は市街地だ。日本一「志」の字を沢山使っている住所として有名な志布志市役所もこちらにある。そこは一度訪れてみたいと思っていた。
その前にコンビニへ入った。そこで素敵な出会いがあった。ヨーグルッペ。日南農協さんが作っている乳飲料。アニメーション映画「秒速5センチメートル」(新海誠)でも登場するローカルな一品。普通に売っていたアニメの世界のようで感動した。


小高くなっているところに大きく聳え立つ建物が見えてきた。あれが市役所のようだ。合併前の町章を剥がしたような跡が痛々しいが堂々とした佇まいだ。町を見守るように建っている。
役所の前には商店が数店あるのは商店「街」であったのだろうか。「東京堂」という店名から東京への憧れを感じさせられる。船でむすばれているとはいえで遠い土地。乗って来る人はまさに「東京」の人であったのだろうか?この地の人々はこの店名に何を想ったのだろうか。

広告




そしてこちらは史跡であるようだ。しかし、民家の玄関がすぐそこにある。ここは民家の庭だろうか?其ならばこの案内板は何なのであろうか。由諸ある家が守って来たものを一般に公開しているのかも知れない。「志」みたいなものを感じた。
さて、そうこうしているうちに本数の少ない列車が来る時間となった。線路の方へ向かうとする。
舟遊5月の九州旅トップへ

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
広告



シェア、拡散歓迎です!よろしくお願いします!

シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA