平成最後のダイヤ改正、北海道廃止駅駅寝旅~11朝は淡く萌えている。

 カーカー。カラスか。気を失っていたがそれは眠りが深かったという事であって凍死しかけた訳では無かったようだ。

Ad



 朝は淡く萌えている。最高の目覚めではないか。これぞ自然の中で目を覚ますという事だ。始発列車に急かされる事も無い。只でさえ遅い始発の上この駅は通過して了う。本当にのんびりとした朝だ。寝袋の中で暖めておいた缶コーヒーで一服。北海道でしか流通していない商品らしいが普通のコーヒーだ。

Ad



そんな朝ばらけの中を一番列車がやって来た。昨夜の最終列車と同じ車両である。一晩最果ての地で留置されていたのだろう。終着から始発までの時間が長いから回送列車が走るかと思っていた。運転士さんも泊りであったのだろう。ゆっくりできたのかしら。職場の中で人気のスジかどうか気になる。

 陽が照っているとポカポカしてきた。お日様がこれ位有難いと感じたのは何時ぶりであろう。昨夜は早く暖房の効いた車内に入りたかったがこの陽気なら周囲の散策も出来そうだ。

Ad



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

バナー
新海誠監督作品について考えたこと

シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA