平成最後のダイヤ改正、北海道廃止駅駅寝旅~18雪原の蒼い朝

Ad




 この日の朝は雪原の朝であった地球の影から覗き込む太陽の光が蒼白い雪明りとなって空気の色を染める。こんな光景に浸れるのは幸せだ。この駅は裏側だけ見れば秘境駅そのものである。そんな明けきらぬ中を一番列車がやって来た。朝早く本当にご苦労である。
 この駅に居られるのもあと一時間となった。朝の白雪が微笑んでいる。山のペンションみたいな雰囲気だ。
 やがて新得行きの列車の時刻が近付いた。駅舎より外れた所が乗車位置なので、それを正面に眺めながら列車を待つという事が出来ないのが少々残念だ。
 曲線を優雅に曲がって列車がやって来た。駅の見物を見られる方が二名降りて来た。つまり乗るのも降りるのも同じような趣味と目的の人しか居なかった。列車は力強くエンジンを唸らせる。駅を眺めたいからゆっくり発車してくれても良いのにな。

Ad



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

バナー
新海誠監督作品について考えたこと

シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。