平成最後のダイヤ改正、北海道廃止駅駅寝旅~20食料調達!十勝清水駅、新得駅訪問

 帯広ではコーヒーを買いに行ける程停車時間はあったが面倒だったのでパス。キハ40の快適さが身に染みる。ここ迄来れば次の列車があり時間的にそれでも良いから一旦降りるか、このまま新得迄行って了おうか。
 御影駅では設備更新工事が始まろうとしていた。これを見物しに降りようかとも思ったがそれにしては寛ぎ過ぎていた。

Ad



 結局新得の一つ手前、十勝清水駅で降りた。なかなか大きな駅なので以前から気になっていた駅でもある。スーパーとかち号は停車する駅でもある。みどりの窓口もあり待合室も広々としている。隣は文化会館になっていてフリーワイファイも使える。行政が鉄道駅の魅力作りに協力する姿勢を見せているのは心強い。「第九の町」か。今度コンサートに合わせて来てみようか。
 更にスーパーもあって買い物も便利だ。他の町も駅前の街づくりに力を入れたら良いのに。JRに文句を言って良いのはそれからだ。
 新得駅に着いたら駅そばを食べようと思っていたがついつい焼うどんも購入。それから内地では珍しい芋もちみたいなものと日量パンの商品も購入。旅の仕度は整った。
 二両編成の普通列車は定刻通り入線した。ここまでは良かった。しかし、交換列車が遅れているそうだ。新得では10分程しか時間が無いという事になりそうか。駅そばを食べられるギリギリの時間。焼うどんを買っておいて良かった。
 そのままの遅れで新得駅着。駅そば屋はと言うと休みでどの道喫食できず。行政かNPOが運営しているっぽい売店がある。そこの鳥飯が気になった。次に何時降りられるか分からない。一日限定五食だから降りれたとしてもその時に残っているか。そう考えて購入した。

 新得からの峠道はオメガカーブ。北の大地を包み込むように登って行く。素晴らしい眺めだ。そして長いトンネルに入る。窓の外が真っ暗になったタイミングで掛け紙を外すのに集中した。この鳥飯、鶏肉はジューシーで大きさもあって肉らしい。味付けもほんのり優しくほっとする味だ。
 ふと思うのだが駅弁とは何だろうか。「立売商会」に属する店が作ったものだろうか。そちらは最近では廃業になって了う店もある。モータレゼーションや過疎化とか大手のコンビニの台頭とか原因はいろいろあるらしい。その一方でこうした新しい「駅で売られる弁当」も生まれている。「駅弁」の形も時代と共に移っていいっているようだ。

Ad



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

バナー
新海誠監督作品について考えたこと

シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。