1旅の始まりは駅寝から~駅メモ!城崎イベント駅巡り 律儀に全駅途中下車

 「ステーションメモリーズ」通称「駅メモ」がイベントをやっている。GPSを使ってどの駅に行ったかを記録したりバトルしたりする位置ゲームの一種である。それが城崎温泉駅とその近くの駅に行ってアイテムやオリジナルタオルがプレゼントされるという企画をやっている。私は駅巡りも兼ねて参加してみた。

 その日は朝から行けたら良かったが結局米原迄行ける最終列車に乗車。その途中で駅寝する事にした。関ケ原米原間は東海道線の中で最も田舎の区間。窓口も早々と締まって了う筈。その中の一駅、柏原駅で寝る事にした。以前撮影の為に降りた事がある。近くに伊吹山と併せて撮れるスポットもある。なかなか眺めが良い駅とその周辺だった。
 長いホームで乗って来た列車を見送った。そうしたら貨物列車が走り抜けていった。幹線はこれが一晩中あるからな。果たして寝られるだろうか。
 跨線橋は古めかしく渋い味が出ている。ホームの案内が昭和の雰囲気だ。駅舎内は誰も居らず。事務室にも誰も残っていないようなので一安心。広くは無いが木の長椅子が有るのはとても有り難い。快適に眠れそうだ。貨物列車の音もそんなに入って来なかった。

Ad



 駅前には自動販売機が並んでいて飲み物にも困らない。最適な駅である。駅舎は四角くタイルが貼ってある。一昔前の地方の駅という感じだ。雨も降って来たことだし撮影は切り上げこの日は早々と寝た。長椅子の木の暖かみが心地良い。ICカードの改札機の電源は落ちている。だが照明は点きっぱなしだった。
 翌朝、一寸早いくらいの時間に目が覚めた。二度寝出来そうな程時間の余裕が無いのでこのまま起床。外は雨が降っている。山の中は雨に遭い易いのはあの日と変わらないなと苦笑。
 あん団子で軽く朝食。京都に着いてからしっかり食べる予定だが流石にそれ迄お腹が空く。

 雨の降りしきる中一番列車が走って来た。周りは暗く眠そうである。車内はとても空いていて一両に一人といった感じだ。にも関わらず八両編成なのは回送も兼ねているからであろう。

Ad



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

バナー
新海誠監督作品について考えたこと

シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA