令和一杯目の名古屋駅ホームきしめん!

 当たり前だが元号が改まったからと言って特別変わった事は無い。私だけがそわそわしている中央線の列車は定刻通り名古屋駅に着いた。

 ホームの豊橋寄りに在るきしめん屋は未だ開いていない。ネットで調べた通り7時からの営業である。他のホームはどうであろうか。時間に余裕があるので周ってみた。店に掲出されている営業時間は全てのホーム朝7時からである。然し終了時間は20時30分で閉める店と21時30分迄開いている店がある。

豊橋方
・東海道線下り1・2番線 21時30分

・東海道線下り3・4番線 20時30分

・東海道線上り5・6番線 21時30分

・中央線7・8番線    21時30分

・関西線、特急10・11番線 20時30分

岐阜方
・5・6番線ホーム「憩」21時30分

 Ad



 いつも何となく開いていたら利用しており意識していなかったがこういう事らしい。ご参考までに。

 放送も「停車駅は八田、春田(略)永和(略)」と特に変わった様子も無く坦々と駅名を読み上げてゆく。良い事思いついた。この放送のお陰で大事な事を思い出せた。

 日本を代表する列車、のぞみ号も朝日を浴びて煌めいている。一番列車は最早出発している。拝んでおけば良かったかな。そして10番線ホームにはしなの1号の表示。令和一本目のしなの号だ。7時丁度発なのできしめん屋の開店と同時である。特急列車の時刻に合わせてもう少し早く開けて呉れても良いのに。

 換気扇が回り始める。出汁の匂いが大放出され始める。始まるぞ、令和が。もう始まっていたが駅そば・うどんマニア的な意味での始まりだ。

 ホームにはしなの1号が入線して来た。ゴールデンウィークらしく行楽客が多い。連休中盤なので穏やかだが初日は大変であっただろう。

 きしめんの看板の明かりが点きしなの号のホームがざわざわし始める。長かった。そう感じたのは私だけのようだ。令和一杯目を狙って待機しているのは私くらいなものだった。
「まもなく扉が閉まります。」

 との放送。そして扉が開いた。閉まるのはしなの号の扉開くのはきしめん屋の扉。結局待機していたのは私だけ。悠々と食券を買いしなの号を見送った。

 一杯目はシンプルであり基本であるきしめんを注文。店内は次々に客が入り賑わっている。開店と同時にこんな感じであるのだからもう少し早くに開けても良さそうだ。フライヤーも店自慢の揚げたて天麩羅作りに余念が無く良い音を立てている。

 一番初めに注文し早く出来るこれがこの店舗の一杯目。名古屋駅と言えばこれだよな。一口食べてみた。令和も宜しく、この味。昨夜の飲酒もあり卵も追加する事にした。酒の後にはこれが良い。

 乗車迄時間があるのでゆっくり味わった。達成感がある。その為初完食にはならなかったがこれもまた良し。

その後例の{良い事」をしに行ったのでした。続く

 Ad



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

バナー
新海誠監督作品について考えたこと

シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。