まさかの一旦帰宅からの夜行バスで強行軍したという件

 お馴染みしんかんせんスゴクカタイアイス。前の記事をお読み頂いた方はお気付きかもしれない。「北海道&東日本パス」では新幹線に乗れない筈なのだ。なのに何故これが登場するのか。実は一度名古屋に戻っていた。急な用事が出来て了い東京ではうどんを食べてコーヒーを買っただけで折り返し。出費が痛い。新幹線で急がずとも友人との待ち合わせには間に合う。然し、初めての五能線は矢張りヨンマルで味わいたい。そこで新幹線と夜行バスで昼夜問わず駆け抜け当初の計画に追い付こうという訳だ。アイスで気を取り直して行くぞ五能線。

 夜行バスは上野駅から出発する弘南バスの「パンダ号」。4列シートのトイレ無しの車両で二台態勢。相当需要があるようだ。流石東京である。それが満員なのだから大したものだ。

 バス停の位置は直ぐ判ったがバス停の目の前のコンビニで支払いをしようとしたら上手く行かず戸惑った。そこで慣れた方が気を利かせて教えて下さったのが助かった。ありがとう先輩!

 車内は一通りのアナウンスが終わると消灯。未だ22時くらいなのに皆静かだ。カーテンは閉められていて外は見えないし特にやる事は無い。明日の朝も早いので寝よう。

 一回目の休憩は佐野サービスエリア。聞いたことがある名前だと思ったらストライキで有名になった所だ。売店もレストランも営業はしているようだった。噂通りラーメンが有名でそれに因んだ商品が多い。
 折角だから隅っこにある階段を駆け上がってみた。そうしたらサービスエリアの建物が有った。どうやら上り線のものらしい。

 その後車内に戻りひたすら寝た。二回程休憩は有ったが車内に残った。
 翌朝の弘前の空気はほんのり秋が薫ってすがすがしい朝であった。やわらかく輝く山の端に見とれながら駅へとのんびりと向かった。

シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA