川部駅訪問記

 ホームにやって来た列車には「快速」の文字があった。何と東能代まで直接行けるのだ。濃紺のボックスシートで寛ぐというのも素晴らしい休日になるだろう。だが、駅巡りもしてみたい。

 乗り通すかどうかはさておき取り敢えず乗車。この便の次は翌日待ち合わせの新潟迄乗り継いで辿り着ける最終便。それでは一度降りたくなっても降りられない。

 発車までのんびりと食べ物とかを並べて準備完了。途中駅まで大勢人が乘って来そうな気もしない事無いがその時はその時だ。
 列車は奥羽本線を走り撫牛子駅を過ぎ川部駅へ。ここから五能線に乗り入れる。停車時間が長いので一度降りてみた。「五能線終着駅」とある。路線の裏側から潜入。一寸ドキドキする。駅舎は古めかしい木造駅舎。ローカル線らしさを醸し出している。そして駅前にお宝級のコンテナが置かれている。懐かしい「サークルK」のマーク。どのように使われていたかは分からないが懐かしいデザインだ。

Ad




 列車はいよいよ五能線へ。客の数はまばらでボックス席の確保も問題無い程。ローカル線らしくて良いのだがせめて平野の区間はもっと乗客がいないと経営の面で心配になる。
 奥羽本線とは木々で隔てられており分岐してすぐ五能線の世界へと入って行く。この瞬間の車窓が旅情溢れている。進行方向右手側の車窓に津軽富士が姿を現す。目の前にはりんご畑が広がる。そしてそちらの方へ向かって行く列車の鋼体も力強い。真正面に見える訳ではない。その所為で汽車旅であることを思い知らされる。
 沿線の小駅は降りたらりんごの風がそよそよしていそうな良い感じの駅ばかりだ。降りてみたい気もするが鯵ヶ沢迄は本数が多そうなのでまたの機会でも良さそうだ。その小駅からの乗客もちらほらいる。その殆どが高校生だ。
Ad



シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA