五所川原駅観察

 五所川原駅は津軽鉄道との結節点である。地域のターミナルという感じだ。前述の高校生は大半がこの駅で降りて行った。
 ストーブ列車の影響かレトロな印象がある津軽鉄道だが普段使いの車両は新しめな印象だ。と言っても平成時代を通り過ぎているのでそこそこの車齢であろう。「走れメロス」の文字がでかく描かれている。側線にはキハ20型の車両が捨てるに捨てられないという雰囲気で留まっている。塗装も色褪せて了っており生気が無い。然しレトロな車両とローカル線の取り合わせは落ち着きのある輝きを放っている。
 この五所川原駅でも長い時間停車するので軽く駅観察。跨線橋を渡ったら太宰治を推している駅舎があり、おやおや津軽鉄道と書かれてある。そう、跨線橋はJRと共用であるが駅舎は別々なのだ。

 JRの駅から外に出ると田舎の駅にありがちな商店の無い広いスペース。昔は賑わっていたのだろうか。今では朝この時間帯は高校生が沢山で賑わっているようだが昼はガラガラなのだろうな。コンビニも徒歩10分程の所にしか無く淹れたてコーヒーの購入は断念。駅の中には土産物も売っている商店はあった。
 改札を入った処にはドーンと五能線の鳥観図が有る。何と険しいローカル線なのだろうか。遂に来て了った。ここで発車時刻も迫ったので列車に乗り込んだ。

シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA