平成最後のダイヤ改正、北海道廃止駅駅寝旅~3尺別駅は風の駅だね

 駅舎の中は広い。椅子も沢山あり十人程度座る事が出来る。田舎の駅では多い方だ。それにしても且てはそれだけ需要があったということか。
 外は若干であるが風があって肌寒い。粉雪まで降って来ている。濡れて了っては寒い。だからさっと撮影だけ済ませた。待合室の隣は元々事務所だったらしい。除雪作業の詰め所としては使っているのだろうか?海の方を向いてみたが海は見えない。暗い所為だろうか。それとも海の音は気の所為で風が唸ってるだけであろうか。

 再び駅舎に入るとほんのりと暖かみが感じられた。外の環境の影響もあるのだろう。そして木の暖かみもあるであろう。北国に於いて風雪をしのげる事はどれだけ有難いか。無人駅になって久しいのでストオヴは無いがほっと一息つけた。
 壁にはどなたが作って下さったか駅や地域の歴史に関する資料が展示されていた。この駅からは炭鉱に至る私鉄が分岐していたそうだ。そして此処から国鉄線に入り港迄石炭を運ぶ。人家や神社が沢山あったのはその私鉄に乗り換えて辿り着く炭鉱の周りのようだ。買い物や通学での乗り換えの需要が多かったらしい。そして国のエネルギー政策の転換の影響で閉山。働いていた人々は方々に散って了った。私鉄線はとっくの昔に廃止され跡形も無い。街そのものが空っ風になって了い駅だけがぽつんと佇んでいる訳だ。

 突然、音楽がかかった。夕暮れを知らせる防災無線の音である。物寂しい短調のメロディーがこの風景をよく表している。空はとくとくと暗くなり物寂しさだけが残る。それにしてもこの無線も無人地帯にも関わらず来る日も来る日もメロディーを奏でていられると感心する。子どもの帰宅を促す本来の役割は無くこうして秘境駅の雰囲気を醸し出す為だけに立っているようだ。この秘境駅にすら人が来ている保障は無い。

 列車がやって来る時間になった。駅が無いと交換できる場所も限られる。風も収まっていたし少々早めの時間に外へ出た。矢張り遅れているようだ。気長に待とう。幽かにレールの音が聞こえる。そして車内灯の暖かな光が雪原を照らし始める。ホームの上の警報機も鳴っている。鉄道マニアとしては楽しい時間の始まりだ。キハ40がエアーを吐いて息をつく一昔前のおおらかな光景がそこにはある。そして山の向こうへと去って行く結局誰も降りて来ない。
 こういう無人駅の楽しみの一つに駅ノートの閲覧がある。この駅にも連絡袋が在った。ウキウキして手に取った。落胆した。中身が無いのである。増毛線の時もそうであったがこうして廃止が近付くと駅ノートを盗みたがるマニアが生息しているようだ。さてと、一夜をどう過ごそうか。仕方が無いので補充して置いた。今頃どれだけ位賑わっているだろうか。

 次にやって来る列車は貨物列車のようだ。外に出て行かず観賞しよう。こうして待合室でゆっくり眺めるのも乙なものだ。唸る赤熊、DF200とそれに引かれたコンテナが悠々と、堂々と駆けて行く。北の大地らしい光景だ。
広告



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

平成最後のダイヤ改正、北海道廃止駅駅寝旅~2嗚呼上厚内駅。そして尺別着

池田と言えば一昨年、上厚内駅に向かう途中もうひと踏ん張りという事でラーメンを取り込んだ町である。ここから先は駅数は少ないが時間がたっぷりある。無人地帯と化した区間である。上厚内駅が無くなった区間はどのような感じであろうか。
 新吉野、浦幌迄は他に乗客がちらほら居り村の重要な交通機関として機能しているようだ。然しここから先は村すら無い。信号所が駅になり損なった山間部である。あの姫川や鷲ノ巣等でさえ一時期は駅だったのだ。そう考えると秘境駅好きとしては一度訪れてみたくもある。
 そして、この区間こそ一番気掛かりな区間でもある。二年前に上厚内駅があった処だ。歴史が黒く染みついた駅舎は残念ながら取り壊されて了ったと聞く。然しながらほんの少しでも駅の思い出を感じることは出来やしないだろうか。窓枠に縋る思いで進行方向左側を見つめていた。
 只々深い森の中へと入って行く。エンジンが軽油を焚きながらレールを一本一本登って行く。時折細く深い川が見えるとあの駅に帰って来た事を実感させられる。所々に民家が見える。あれは廃屋だろうか、それとも未だ人が住んでいるのだろうか。それすらも判らない。そしてまた白い木々の間を走っている。その時ポーンと不意打ちを食らった。「間もなく厚内・・・・」。嗚呼、どうやら駅跡を認める事が出来なかったようだ。あの時の村が上厚内であったのだろうか。何か違う。どうしてか記憶と結び付かない。

 厚内駅は列車交換可能駅ということもあり広々とした構内である。駅舎も立派だ。この次が直別駅、更にその次が尺別駅。この二駅が春が来たら廃止となる。厚内駅の周りは二年かけて滅法寂しくなった。まるで石北線の白滝のようだ。

 矢張り駅間は長く随分遠くに来たものだ。そして見えたものはとんがり屋根のログハウス、直別駅だ。このようなペンション風の駅(=別荘)が無くなって了うのは旅から安らぎを失って了うようなものだ。こう考えているうちに発車。ここへは復路で訪れよう。
 同じ「別」の字が付く駅名であり兄弟のような感じを受けるが二つの駅は相当離れている。漸く尺別駅である。最早日は暮れかかっている。駅舎は昭和のものが残っているのであろう。割と立派である。どうせなら乗って来た列車が走り去っていくのを見届けてから駅舎へ向かおう。ところがなかなか発車しない。列車の交換を行うようだ。然し、当の交換予定列車がなかなか走って来ない。千歳線の運転見合わせの影響でダイヤが乱れているのだ」。だいぶ遠くまで来た積もりであるがレールは一本で繋がれ、そこを列車は一体となって動いている。 

 反対の特急列車がやれやれという顔でやって来た。大変なのはお互い様である。スーパーおおぞら号は脇目も触れず走り去って行った。彼にとって旅は始まったばかりである。残された普通列車は青信号を認めると一息ついた。そして銀色のどこまでも続く道へと歩みを進めた。見えなくなる迄見ていよう。すると列車は大きく曲がり正面の山に沿っていつまでもいつまでも見え続ける。辺りは一面雪原で遠くに海鳴りが響いている。だいぶ遠い海であるが隔てるものが無いのだ。こうして見ると、駅舎も随分小さく見える。これは一日目にして物凄い秘境駅に来て了った。跨線橋の上から辺りの気を感じる。只々地球であった。
広告



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

平成最後のダイヤ改正、北海道廃止駅駅寝旅~1長い前置き失礼します。遠かった。

今年はこれをやろうかどうか迷っていた。私が駅寝した駅を振り返ると廃駅になって了っているものが多い。これは寂しい。思い出の駅は永く残って呉れた方が良い。また、行程も駅の廃止に振り回される結果になるのも受け身的な旅で嫌気がさしていた。
 ところが今回のダイヤ改正で廃止されて了う駅を見てみるととても魅力的な駅ばかりなのだ。以前その前で停車した時車窓から見て綺麗な駅だと感じた駅や噂には聞いていて心惹かれた駅であった。せめて訪問したい。そして奇しくも仕事の都合上休みが取れたのは4日間。丁度一日一駅分の日数だ。これは神様のお告げであると確信して決行。

 このボード、なかなか可愛らしい。という訳で毎回お馴染みスカイマークで新千歳空港へ。よく晴れており途中名駅付近や新潟県の親不知の岸壁、それから海へと伸びる男鹿半島もくっきり見る事が出来た。

 北海道は矢張り寒く鞄から上着を取り出し降機。いつもの乗換駅に来て吃驚。直前迄千歳線が信号機故障の影響で停まっており動き出したもののダイヤが大幅に乱れているとのこと。その所為で改札口は混乱していた。先ずはみどりの窓口で乗車券を購入。初田牛駅迄の往復乗車券である。序でに運行状況を問い合わせると、以降の特急列車は札幌駅を定刻に出発する予定とのこと。これならほぼ計画通りに行けそうだ。
 空港の支線から一駅で本線上の南千歳駅に着く。そうしたら大幅に遅れている特急列車が乗り換え待ちして呉れていた。然し停車駅が分からないし現金をあまり持っていなかったので見送った。車内で特急券を買う場合現金しか使えないが駅窓口ならクレジットカードが使える。

 乗り換えに時間があるので待合室へ。ここで時刻表を捲ってみると損したことに気が付く。見送った特急列車「スーパーおおぞら3号」も乗る予定の「スーパーとかち3号」も新夕張駅に停車する。だからそこまで行って了えば特例で新得駅まで乗車券のみで乗れる。そして悪いことに夕張行きの普通列車が区間運休である。これで追分駅まで行き特急料金を浮かせる策も使えず。結果千二百円程損した気分。

 自由席はたった一両。混んでいるだろう。鉄道から話は逸れるが乗車口へ行くと近々引退する政府専用機を見ることが出来た。
 車内は案の定満席だ。ただ、この列車は追分駅始発となった夕張線普通列車に乗り継げる為南千歳追分間は特急料金不要の措置が採られている。追分駅で何席か空くだろう。
 追分駅に着くと夕張へ行く鉄道マニアとみられる方が下車。席を確保することが出来た。続いて地元の方々も何名か降りて行った。こうして見ると一般の利用者も多くいるのだ。廃線が勿体ない。
 そこから先は、朝早いフライトだった事もあり眠っていた。気が付けばトマムで中国人が大勢降りS字カーブを降り新得駅に到着。ようやく十勝の入り口である。ここから普通列車に乗り換える。特急列車は速いが追い抜ける普通列車が走っていない。どのみちこの列車になって了う。

 のんびりキハ40の旅の始まり。地元の方々が乗って来たが二両繋いでいるので広々としている。
 十勝清水を出ると次は羽帯と言いたいが御影である。防風林と踏切に胸騒ぎがする。看板に「在りし日の羽帯駅」とポツり書いてあった。
 帯広駅では約25分間停まる。ここで食料調達。席を空けている間に誰か来ないか少々心配な程人が乗っていたが大丈夫であった。

 駅前のセイコーマート。他店に対抗してか豚丼を推してくる。ついついそれを購入。その他一夜分の食料を買い込みいざ秘境駅へ。
 ここから先がまた長い。
広告



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。