令和一杯目の名古屋駅ホームきしめん!

 当たり前だが元号が改まったからと言って特別変わった事は無い。私だけがそわそわしている中央線の列車は定刻通り名古屋駅に着いた。

 ホームの豊橋寄りに在るきしめん屋は未だ開いていない。ネットで調べた通り7時からの営業である。他のホームはどうであろうか。時間に余裕があるので周ってみた。店に掲出されている営業時間は全てのホーム朝7時からである。然し終了時間は20時30分で閉める店と21時30分迄開いている店がある。

豊橋方
・東海道線下り1・2番線 21時30分

・東海道線下り3・4番線 20時30分

・東海道線上り5・6番線 21時30分

・中央線7・8番線    21時30分

・関西線、特急10・11番線 20時30分

岐阜方
・5・6番線ホーム「憩」21時30分

 Ad



 いつも何となく開いていたら利用しており意識していなかったがこういう事らしい。ご参考までに。

 放送も「停車駅は八田、春田(略)永和(略)」と特に変わった様子も無く坦々と駅名を読み上げてゆく。良い事思いついた。この放送のお陰で大事な事を思い出せた。

 日本を代表する列車、のぞみ号も朝日を浴びて煌めいている。一番列車は最早出発している。拝んでおけば良かったかな。そして10番線ホームにはしなの1号の表示。令和一本目のしなの号だ。7時丁度発なのできしめん屋の開店と同時である。特急列車の時刻に合わせてもう少し早く開けて呉れても良いのに。

 換気扇が回り始める。出汁の匂いが大放出され始める。始まるぞ、令和が。もう始まっていたが駅そば・うどんマニア的な意味での始まりだ。

 ホームにはしなの1号が入線して来た。ゴールデンウィークらしく行楽客が多い。連休中盤なので穏やかだが初日は大変であっただろう。

 きしめんの看板の明かりが点きしなの号のホームがざわざわし始める。長かった。そう感じたのは私だけのようだ。令和一杯目を狙って待機しているのは私くらいなものだった。
「まもなく扉が閉まります。」

 との放送。そして扉が開いた。閉まるのはしなの号の扉開くのはきしめん屋の扉。結局待機していたのは私だけ。悠々と食券を買いしなの号を見送った。

 一杯目はシンプルであり基本であるきしめんを注文。店内は次々に客が入り賑わっている。開店と同時にこんな感じであるのだからもう少し早くに開けても良さそうだ。フライヤーも店自慢の揚げたて天麩羅作りに余念が無く良い音を立てている。

 一番初めに注文し早く出来るこれがこの店舗の一杯目。名古屋駅と言えばこれだよな。一口食べてみた。令和も宜しく、この味。昨夜の飲酒もあり卵も追加する事にした。酒の後にはこれが良い。

 乗車迄時間があるのでゆっくり味わった。達成感がある。その為初完食にはならなかったがこれもまた良し。

その後例の{良い事」をしに行ったのでした。続く

 Ad



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

バナー
新海誠監督作品について考えたこと

シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

ぬくもり飛騨路号乗車

5月14日、JR東海の新しい観光に乗車した。といっても一般の特急型車両を用いたものでヘッドマーク以外外観に違いはない。また、車内もこれといった設備がない。

 

幾本もの「特急ひだ号」に挟まれて存在する「急行ぬくもり飛騨路号」。停車駅も同じくらい。いったいどっちが「限定的な」急行なのか問いたくなる。なぜか普通の急行の方が限定的なのだ。

発車番線は4番線。いつもはしらさぎ号等東海道線の特急が発着するホームで入線を待つ。すでに撮影のためにカメラを構えている人もチラホラいる。どうやら大阪方から入線のようだ。東京方の方にカメラを構えていたのでがっかり。確認しておいてよかった。

4両編成の列車は名古屋駅にのホームには短い。ホーム中程で停車した。先頭も最後尾も貫通型の4両編成。流線型の先頭車の窓が大きくその脇に小さなヘッドマークがあるのはJR時代を感じさせる。それに対しこれは国鉄時代の急行列車を彷彿させる。貫通扉には堂々としたヘッドマークの掲出されている。

写真撮影は程々にして車内に入る。今日は乗って寛ぐことに重きをおきたい。進行方向の右側の窓側を指定した。しかし何かおかしい。そう、岐阜から進行方向が変わるのだ。私の席は名古屋岐阜間は間違いなく進行方向右側なのだが高山線に入ると左側になってしまう。飛水峡の地球の彫刻や飛騨一宮のカーブの内側の田園風景を想像していただけに少しがっかりである。だがこれも何かの縁と思って反対側を楽しむとしよう。

 そうこうしているうちに出発の時間になった。北斗星等寝台列車の始発駅の停車時間を思うと大分短く感じられる。発車はお見送りの観衆が多いことを除けばごく普通の走りだし。カミンズ社製のエンジンを唸らせ名古屋駅を後にする。いつもは電車のモーター音と共に駆け抜けるこの区間だけに何か新鮮なものを感じた。

 お決まりのワイドビューチャイムの後に車掌からの案内放送が流れた。停車駅案内と車内販売についての放送。岐阜駅からワゴンが乗り込むらしい。岐阜県の特産品が主な内容のようだ。楽しみである。これぞ旅の醍醐味。ちょうどキリンビール名古屋工場前を通過したとき「キリンビールの岐阜に乾杯」(注:岐阜県限定販売のビール)と言ったのは上手い演出だ。

 この日はよく晴れていれ暑いくらいだ。濃尾平野ってこんなに美しかったっけと思うくらい晴れ渡っている。一宮を過ぎ木曽川を渡ると田んぼが広がる。以外と撮り鉄が少なかった印象である。

 木曽三川公園を眺め金華山が近づいたらもう岐阜駅。あっという間である。駅のホームには何やら被り物をした人がいる。車内販売の人らしい。観光列車の雰囲気が出てきた。

 岐阜を出ると高山線に入る。単線区間なので交換可能駅のポイントで揺れる揺れる。三脚が倒れてしまい動画の撮影が失敗。というわけで撮影できなかった区間が多い。

 金華山の上の岐阜城がくっきり見える。岐阜に来たと実感させられる。名古屋からは遠くに見えた山々が近くに迫り濃尾平野の奥の方まで来たと感じる。車内販売も岐阜県一色だ。そして車窓右側には犬山城が見えてきた。犬山、愛知県である。やっぱり隣の県らしい。

列車は日本ラインと並行する区間へと進みまもなく坂祝である。ひとつトンネルを抜けると有名な撮影ポイントを通過する。通称坂祝のポイント。私もキハ40系の6連回送を撮影しに来たことがある。トンネル飛び出しと曲線という二つの要素の組み合わせでなかなか迫力のある写真がとれる。その様子を見ると結構人がいるがまだまだ余裕がありそうな感じだ。四国の罵声合戦の話を聞くと平和が保たれたなと思う。

坂祝駅の堂々としたセメント工場を後にし美濃太田駅に滑り込む。太多線の多治見行きが止まっており懐かしい。ここで乗車のかたもチラホラいた。交通の結接点らしい。

さて、車内販売だが来る様子がない。どうしたのだろうか。準備に時間が掛かっているのか利用者が多いのか。それとも油を売っているのだろうか。

美濃太田を過ぎると一気に山岳路線ぽい雰囲気が出る。左手は崖、右手には山が近くに迫る。ようやく車内販売が回ってきた。「岐阜に乾杯」と「おつまみセット」を購入。千円ちょうど。これに自家製ケイヂャン(岐阜県の郷土料理)でカンペキ。

各都道府県毎に発売されているこのビールは旅の楽しみである。その土地に会わせた一杯。岐阜県は木をイメージしたらしい。飲んでみると確かに良い香りがする。薫製枝豆とのマリアージュがまた格別。薫製の香りを存分に引き立てる。素晴らしいビールだ。ケイジャンも安定の美味しさ。味噌のこってりした味に爽やかな森林の風。岐阜ですな。

 

最近の観光列車では定番となっているのが記念撮影用のプレート。多分に漏れずこの列車でも作製されていた。岐阜から乗り込んできた車内販売員を始めとする方々が各座席を回っていた。そして意外だったのはJR東海の車掌さんが楽しそうに接客しているということだ。東海道新幹線が大黒柱で現在は観光に特化した車両は在籍していない。JRのなかでもお堅いイメージがあるこの会社。社員さんも固い人が多そうな印象だ。ところが実際はそうとも言い切れないようだ。現場レベルではこういった乗って楽しい列車を望んでいるのかも知れない。今回は良い意味での発見があった。

私も撮影していただいた。寂しい隣の席はサルボボ達で賑やかにしていただいた。良い記念になった。

列車は飛水峡で一度停車した。いつもはすぐに通り過ぎてしまう絶景もまじまじと観察できる。神殿のような威厳を持った光景だ。今度乗車するときは是非進行方向右側、名古屋岐阜間は左側に乗車しよう。

 

飛騨金山を出るとまもなく下呂駅に到着である。ここでは20分以上停車する。なんと地元の学生のブラスバンドなどのおもてなし企画があるそうだ。このままのって行ってしまうのになんだか申し訳ないな。

列車はゆっくりとホームに滑り込む。山あいの温泉街の静かな駅、かと思ったら何かのお祭り騒ぎかというくらいの人、人、人。これは楽しい一時になりそうだ。

発車時刻を確認し車外へ出るとブラスバンドの演奏が始まったところだった。映画音楽っぽいが曲名は分からない。重厚なかっこいい曲である。そして隣にはキハ85系がエンジンを蒸かしている。カミンズエンジンと映画音楽っぽい曲、なかなか気分を盛り上げる組み合わせである。これから飛騨の入り口から山奥へと入っていく高揚感が高まる。

じっとしていてもなんなので車両先頭も眺めにいった。山奥の駅と堂々とした幌を誇示した貫通型の組み合わせはやはり国鉄の急行列車だ。そして演奏が心地よく山々にこだましている。

下呂温泉の観光PRということで地元中学生も活躍していた。タオルや銘菓「しらさぎ物語」まで入った袋を頂いた。おもてなしが息づいている土地はすごい。繰り返すが通り過ぎてしまう旅人なのに申し訳ない。

停車時間も残り僅かとなった。ブラスバンドの演奏からはあの名曲の前奏が流れてくるではないか。今の飛騨といえばこれ、映画「君の名は。」(新海誠監督、2016年)である。その主題歌である「前前前世」(RADWIMPS、2016年)の吹奏楽バージョン。これから聖地巡礼に行こうとする私が丁度聞きたかった。いい旅になりそう。

名残惜しいが発車時刻が近づいたので車内に戻る。

対向列車が二分ほど遅れているようだ。ブラスバンドの演奏は前々前世のリピート。発車まで続けていただけるようだ。指揮の先生が「あれ?」というふうにホウムの方を振り向きながらもう1回の指示を出す。あとから遅延の事聞いたらJRに対して「(伝えるのが)遅いよ!」と怒りそう。ほんとにご苦労様である。

広告


シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

遅延はチャンス!というわけで遅延ムーンライトながらを撮ってきました。

ムーンライトながらですが夜遅くに出て朝イチに到着すると言う体力勝負の夜行列車としても有名です。撮り鉄としても朝は暗い時にやって来るので撮りづらい列車です。ところが昨日は遅延していました。朝早くに目が覚めてしまいツイッターを確認したら浜松で抑止していてちょうど出たところだそう。豊橋からでも名古屋までは一時間かかります。今から行けば十分間に合う時間です。思わずスクランブル発進。少々なやんだあげく庄内川の橋梁で撮影することにしました。朝の涼しい時間と言えど自転車を漕いでいると暑いです。

何時来るかわかりませんが蒲郡から先行している特別快速が通過する20分くらい前に到着。練習がてら新在の列車を撮ってみると順光で晴天と言う文句なしのコンディションに清々しさを感じました。

先行の特別快速が通過するとムーンライトもすぐ来るだろうと思ったのですがなかなか来ません。すぐ後を停車駅なしで追いかけているのですからそのような気がしますがなかなか来ません。貨物の筋に乗っているのでそれに合わせているのでしょうか?

ラッシュ時間のダイアの切れ間からうおーんという直流モーター音が沸き上がってきました。ホントに誰もいなくなったところを堂々と現れました。鉄橋の長さもちょうど良くきれいに収まりました。かつて117系も通った道だけに郷愁に駆られます。本当にそっくりです。

廃止が噂されているだけに是非もう一度乗っておきたい列車です。あと、今度は313系が被ってくれてもいいかな。東海管内にやって来るのはレアなので。313系が四両とかだったら丁度良いかも知れないです。

ちなみに自宅から片道18キロの輪行だったようです。そんなことも感じさせないくらいに追い求めていました。

最後に、ツイッターで色々と情報を流してくれた皆様、本当にありがとうございました。
YouTubeの動画はこちら→https://youtu.be/CdNgcJnqUHw
広告


シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

いろどり木曽路を追いかけ回して その2中津川駅

案の定同業者だらけの普通列車は落合川駅を発車し撮影地を駆け抜け中津川駅へ到着。居ました居ましたいろどり君。もう人気者ですね。私も写真を撮りました。

車両毎に色を替えてます。色鮮やかで良いですね。

そしてJR東海の車両とのならびです。これ以後会うことはあるのでしょうか?貴重なショットです。今回の信州DCであの2社が仲が良いのはちょっと不思議なくらいです。

さてさて撮影もほどほどに駅そばタイムです。

中津川駅は長野行きの中継地点ですがなかなかそばやさんに寄れないです。朝早かったり逆に夜遅くに通過するので。こうやって昼間にゆっくり寄れるのも久しぶりです。味は山のそばの味ですね。海無し県に来ましたね。

その後日本酒を購入し同行者と合流しました。チケットありがとうございます。いよいよ乗車です。入線の写真はいまいちでした。混雑していたので仕方にですね。

シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

いろどり木曽路を追い回して。。。その1 落合川で撮影

先日7月29、30日に運転された「いろどり木曽路号」を撮影したり乗ったりしました。今回は中津川までの運転です。中津川まで向かう途中多治見を通りますが試運転に何度か遭遇したことを思いだし懐かしかったです。あの目がなんとも言えずドッキっとしますね。

何度か遭遇して一度は乗ってみたいと思っていたこの車両。485系が次々に廃車されておりこの車両も引退の噂が囁かれています。そんなとき乗車の機会に恵まれました。多治見まで走らないのが残念ですが中央線を走行です。信州DCに感謝です。

 長野発が朝早くてとても間に合いそうにないので一日目往路は中津川付近で撮影です。始発を逃してしまったので朝八時くらいまで自宅待機の後出発。これでも間に合います。ナイスホリデー木曽路号は行楽客とカメラを持った同業者であろう方々を乗せて走ります。座席はほぼ埋まっており人気の高さがうかがえます。車内放送によると落合川は停まらないとのこと。中津川で乗り換えのようです。

 居眠りしてるうちにあっとゆうまに中津川に着いて乗り換え落合川駅へ。以前駅寝した駅です。その時は周囲の散策などしてる時間がありませんでした。目の前には落合ダムがあり利用者はどこに住んでいるのやらという感じの駅です。中津川方面に歩くと吊り橋がありました。レトロな感じが良いですね。渡ってみたいところですが同業者に遅れを取ってはならないので撮影地に向かいます。思ったより少ないけどやっぱり一番良い場所が取りたいですね。

 季節は夏。セミの声が聞こえます。道路が木陰になってるので涼しくてありがたいです。天然クーラー良いですね。線路との立体交差を潜り抜けると一気に光が差し込みました。セメント工場や民家が立ち並ぶひとつの村です。小さな川に架けられた橋を渡ると撮影地ももうすぐ。その橋と平行して架けられている鉄道橋での撮影です。

 できるだけ車両以外に民家も入れた構図が良いと考え色々試してみます。しかしそうしようとすると車両の正面が写らず。顔に特徴があるのでしっかり写したいかな。難しいですね。

 木陰に入って小休止しないと熱中症の危険があるくらい暑くてよく晴れた日でした。特急が一時間に一本、普通列車が二時間に一本、後は貨物列車も通るのですが時刻が判らないといった状況。暇でした。そして練習できないのは不安ですね。

 ようやくしてしなの号がやって来ました。大きく車体を傾けて通過していきます。結果は1、2両大きく写せました。編成写真は無理ですね。先頭車両をバッチリ写したいなら良いポイントです。民家は車両の大きさに対して貧弱な感じになってしまいちょっと残念かなといったところですね。

 辺りを見渡すと後方に跨線橋がありました。一度偵察してえ見る価値ありですね。三脚で場所とりして一度向かってみることに。同業者らしき人が一人いるだけでした。上ってみると、背景の集落がなかなか立派です。後ろの方がちょっと架線柱に引っ掛かりそうな気もしますがそこはあまり気にしない、風景重視で行こうかな。

 考えた末に移動することにしました。移動後普通列車を撮影。二両編成を続けて撮りましたがこれだけの移動範囲で電柱に被らなければ結構良いものが撮れそうな予感です。続いてしなの号を撮影です。6両編成なので丁度良い練習になりました。

 反対側から来る下り列車も撮影。明るすぎたかな?明日のいろどりの復路もここで撮ろうかな?

 本番が近づいて来ました。結局その撮影地は4人で撮影。直前に聞き付けた地元の小学生が親から一眼レフを借りてきたのは羨ましい限りです。

 この場所だと短いトンネルの向こうも見渡せます。見えてきました。なんやらカラフルな車体が緑のなかを駆けています。そして私たちは次の瞬間に懸けています。トンネルを抜けてでた、あの目力!落ち着いて連写して仕留めました。まあ合格かな。

 この後、折り返しの乗車のために中津川駅に戻ります。コンクリート工場の横を通りすぎて緑のトンネルへ。時間が少々あったので吊り橋も渡ってみました。なかなかレトロな感じです。先日飛騨の方にも行きました。そうしたらこれと同じような吊り橋の支柱があったのですが橋は掛かっていませんでした。自動車が通れないから代わりに現代的な橋をかけたのですね。そちらの過去の風景にも思いを寄せました。

 さてさて、気がつけば普通列車の時間です。小走りなら十分間に合う時間だったので引き返しました。そしてこの落合川駅はこの質素なコンクリート作りが夏の真ん中にいるみたいで良いですね。

どうがも撮りました。良かったらご覧ください。

いろどり木曽路 落合川

シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。