日本一のカープ駅で駅寝 舟遊5月の九州旅

広告

と言う訳でこの日の宿は油津駅に決まった。終列車迄まだ時間がある。ぼんやりと過ごそう。ワインでも飲みながら。
 長椅子に小学校のロッカーみたいなものもあり設備は完璧だ。食糧もしっかりある。

 本数は少ないが乗客はそれなりにいる。列車によっては十数人程の降車があった。駅前もロータリイが整備されモニュメントもある。それだけお金が掛けられる訳だ。そして外観が凄かった。駅前に立って見て判ったのだが真っ赤なのだ。そして広島カープのロゴが描かれているのだ。何故宮崎県なのに。その答えは看板にあった。キャンプ地になっているのだ。そこで地元との交流があり「日本一のカープ駅」となっている訳だ。成程。駅の前には埴輪なんかもあったりして思い思いに飾り付けされている駅である。

 小雨が降り続いているので駅舎に戻った。この場所で列車を眺めながら音を聴きワインを飲む。最高ではないか。
 やがて最終列車も行って了っていよいよ夜の時間である。寝袋を広げればもう完璧、な筈だった。こんな時間に地元民登場。しかも三毛猫を連れている。ロープをつけて犬みたいだ。一体駅に何の用だろうか。散歩くらいならすぐ帰るだろうか。そうしたら改札内、とは言え無人の時間帯のなのでそのまま入って行き柱にロープを縛りそのまま出て行った。猫がしきりにニャーニャー鳴いている。飼い主様が恋しいようだ。そして一向に帰って来ないものだから猫が可哀想になってきた。こんな可愛らしい子を放っておいて何事か。表に居るらしい気配はあるのだ。様子を見に行ってみた。自転車置場で何かガサゴソやっておられる。どうやら鍵の不具合らしい。これは仕方がない。

 代わりに私が猫と遊んでやったのか私が遊んで貰ったのか。大人しく人懐っこい猫だ。そうしていると列車が入って来た。これは吃驚。そして停車し照明も落とされた。どうやらこの駅で留置らしい。駅寝について何も言われなければ良いのだが。
 運転手さんはそのまま併設の詰め所へ入って行った。特に気にしていないようである。これで一安心。そしておじさんも戻って来た。猫も嬉しそうである。自転車の前の籠に乗せて貰ってご満悦のようである。紐で半ば固定されているとはいえ大人しいものだ。飼い主のおじさんは見るからに風変わりな人である。飲み屋で歌を歌ってるのだとか。芸術家と言われれば確かにそうかもしれない。過去にはホームレスをしていたこともあるのだとか。面白い人だ。

広告

 おじさんと猫が帰っていくと漸く静寂が訪れた。運転士さんも見回りに来ない。駅寝できそうで一安心。さて寝よう。寝袋に潜り込んだら木の暖かみが伝わって来た。
 そうは言っても矢張夜半で目が覚めて了った。ホームの方を見ると車両が増えているではないか。あの後やって来たものが留置されているようだ。

 未明に起きて見ると一編成はエンジンを吹かしていた。この駅始発の列車は無いのでこれから回送するのであろう。それにしても何故この駅で留置なのだろうか。
 するともう一編成も動き出すであろう。もう一寝入りするには時間が無い。運転手の気配がない今のうちに寝袋を片付けた。そうしているうちに運転手がやって来て車両に乗り込んで行った。何か色々と点検をしている。そして暫く待機。随分余裕を持った行動である。昨日からの雨がまたパラパラと降って来た。小雨なので何とか我慢出来そうだ。早くして貰えると有り難い。
 漸くモーターが鳴り響いた。自動車のそれより一回り低い音でどっしりエンジンがかかった。いつのもキハだがスターターの音は初めて聴いた。車庫に潜入できたような達成感だ。
 やがて二編成は各々の始発駅へと旅立っていった。もう少し寛ぐか。木のベンチに戻った。
 やがて学生達が集まって来るともう始発の時間だ。私も立ち上がりホームへ向かった。少々混み合った朝ぼらけの汽車がやって来た。 

舟遊5月の九州旅トップへ にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 広告
シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

乗り遅れて交通公園 舟遊5月の九州旅

さあ、そろそろ乗ろう。次の日宮崎には早く着きたい。なので南郷駅よりは先に行かねばならない。陽が落ちて了っては車窓がつまらない。二時間程かかるしそろそろ行こう。駅へ急いだ。もうすぐ列車の時刻だ。
駅へ着いたら九州の四十がいた。。ホッとした。そうしたらエンジンがゴゴゴゴと鳴っていてゆっくり動き出したではないか。一寸ポカンとしていたがすぐ気が付いた。間違えて次の駅の時刻表を見ていたのだ。撮るときは上下の列車が載るので見易い。志布志駅は終着駅なので下り列車が表示されない。
そのお陰で志布志を出発する列車を見る事が出来たし交通公園にも行ける。

立派なSLです

「志」

腕木が動いて欲しいです。強引に復活?

かつては大隅線と志布志線が延びていたが国鉄末期に廃止されて了った。その為、県庁所在地までは高速バスの方が速い。宮崎に出る方が鉄道利用なら便利だ。かつて線路が延びていたであろう道を少し廻ると黒々としたSLがある。古めかしいキハも停まっている。公園にここまで広々とした土地が取れる程大きな駅であったと思われる。SLはC58。塗装の状態も良く整備が行き届いているようだ。そしてなんと多治見機関区に配属していたこともあるらしい。近親感が湧いた。キハ52も素敵である。こういう古めかしい車両を見ていると揺られたくなる。足回りも眺めることが出来満足。果たして古いタイプだけにどんな揺れかたするのだろうか。
広告




駅前にはディスカウント店もあったので寄った。ディスカウントとは言うもののスーパーも入っている。家電も売っていて電気屋みたいな一面もある。なかなかカオスである。
さて、今度こそ乗るぞと意気込んで駅に到着。「終着駅は始発駅」とは良く言ったものだ。キハが万感の思いでゆっくりと入線してきた。乗務員も詰め所に行き無人のヨンマル。発車までの穏やかな空気が流れている。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
広告



シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

志布志で撮り鉄 舟游5月の九州旅5

沿線には無番踏み切りが多い。終着駅が近く速度も遅い。そして本数も少ない。これで充分なのだろう。そして花が色とりどりに咲いている。緑の色もくっきりしていて如何にも南国という風情の踏み切りである。気に入ったのでここで撮影。時刻が来ると遠くから踏み切りの音とディーゼルエンジンの音が聞こえて来る。よく聞けばキハ40系列のありふれた音だ。だが、車体の塗装は九州のものである。白地に濃い青色が寒色ながら強い印象を残して行く。南国の植物に負けない色合いだ。


線路に沿って奥の方まで来る。ここで橋を渡る。古墳のような丸々とした山が浮かんでいるのが気になる。鳥居らしき物が見えるが何であろう。その神秘的な姿に惹かれるが一体どうやって行けば良いのだろう。今後探してみよう。
広告





さて、また列車が来る時刻となった。線路が盛土の上を通っているこの場所にしよう。列車が私を見下ろす形になり堂々とした感じで撮れる。ここは動画で撮った。
さて、例の古墳のような山であるが、裏手に回ってみることにした。市街地側と違い緑豊かだ。この一本の道はどこまでも続いて行きそうだ。肝心の鳥居へ至るであろう道は無い。何処かに小道が見つかる筈なのだが。やがて雨も降って来た。一先ず戻ろう。
大分志布志駅迄戻って来た。ここに神社と公園がある。ここで一服。ヨーグルッペを飲みつつ英気を養おう。神社の朱色は塗り立てなのか輝かしく休憩所は掃除されていて綺麗だ。充分休むことができた。

舟遊5月の九州旅トップへ

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
広告



シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

ぶらり志布志巡り 舟游5月の九州旅4

 駅に観光案内所が併設されているという田舎の駅ではよくあるパターン。行政が管理しているのか手が行き届いていて美しい。

ホームは棒線が一本と車止め。広々とした空き地は側線が幾本も並んでいた跡のようである。時代の流れの中でそれらは賑わいと共に草蒸し駅舎は最果ての町の温かい装いへと姿を変えたようだ。待合室は木の臭いが漂いホッとする。夜間は完全に無人になるため寝てみたい駅になって了った。
肝心のこれからの計画はというと、食堂の案内は今のところ必要なさそうだ。朝食が暫くは胃の中にある。史跡等はモデルコースがあるがその通りに回っていると時間が掛かる。列車の撮影もしたいので其も考慮しつつ回ろう。
取り敢えず歩いた。歩いてみなければ始まらない。車の通行も大して多くない町の通りである。ヤシの木なぞが植えてあるのが如何にも南国らしい。


適当な処で線路を渡る。何かしら土が盛ってある。廃線跡みたいだ。駅の側線から延びていたのだろうか?そんな事を考えながら汽車ごっこしてみるのもまた楽しい。
線路を挟んで反対側は市街地だ。日本一「志」の字を沢山使っている住所として有名な志布志市役所もこちらにある。そこは一度訪れてみたいと思っていた。
その前にコンビニへ入った。そこで素敵な出会いがあった。ヨーグルッペ。日南農協さんが作っている乳飲料。アニメーション映画「秒速5センチメートル」(新海誠)でも登場するローカルな一品。普通に売っていたアニメの世界のようで感動した。


小高くなっているところに大きく聳え立つ建物が見えてきた。あれが市役所のようだ。合併前の町章を剥がしたような跡が痛々しいが堂々とした佇まいだ。町を見守るように建っている。
役所の前には商店が数店あるのは商店「街」であったのだろうか。「東京堂」という店名から東京への憧れを感じさせられる。船でむすばれているとはいえで遠い土地。乗って来る人はまさに「東京」の人であったのだろうか?この地の人々はこの店名に何を想ったのだろうか。

広告




そしてこちらは史跡であるようだ。しかし、民家の玄関がすぐそこにある。ここは民家の庭だろうか?其ならばこの案内板は何なのであろうか。由諸ある家が守って来たものを一般に公開しているのかも知れない。「志」みたいなものを感じた。
さて、そうこうしているうちに本数の少ない列車が来る時間となった。線路の方へ向かうとする。
舟遊5月の九州旅トップへ

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
広告



シェア、拡散歓迎です!よろしくお願いします!

シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

さんふらわあ下船 志布志上陸! 舟游5月の九州旅3

船の朝は早くは無い。特にこの日は雲に被られていた為に朝日も見られない、只々大海原が広がっているだけなので、何かを見逃すということも殆どない。こうしてレストランの営業が始まっても船室でまったりしていた。
朝食はバイキング形式で620円。(改訂されている可能性もあるので公式ホームページ等で確認お願いします。)昼食を抜ける程胃袋に詰めておけばコスパが良い。貧乏旅行らしい思考である。海側の席は殆ど埋まっていた。その中で如何にも空いたスペースに無理矢理作った感じの二人掛け席が空いていた。二人掛けと言っても横に二人で目の前にパーテイションという如何にも一寸大きな駅そば屋という感じの席である。一人旅なら寧ろこちらの方が良い。

広告




もう既に陸が見える処を航行していた。茶色い岩肌が勇ましく、その間の平地はどこか郷愁をそそられた。
料理の内容はごくごく一般的な和洋食である。これを三回程おかわりしてデザートもしっかり食べて元を取った。

一寸苦しいが下船の準備に取りかかる。朝ゆっくりした分だけ残された時間はあっという間だ。車での下船が始まったが徒歩での下船は最後である。荷造りの仕上げに入る。舟を降りたは良いが何処へ行こう。無計画なので歩くしかないのだ。
志布志のフェリーターミナルは年期が入っていて小ぢんまりしている。そして駐車場は土地を贅沢に使っている感じがする。小さな港だが沖縄や東京からもフェリーがやって来るらしい。
おやおや、またあの飼育小屋の臭いがする。飼料の臭いだ。以前八戸で見たものと同じようなサイロもあり社名も同じだ。このような港の定番らしい。九州は酪農も盛んなようだ。ここから九州各地に飼料を届けている。


近くに公園があったので一休み。乗ってきた船がポツリと泊まっている。海を眺めるのは地球と一つになるようだ。皆バスに乗り換えたり車だったりで他の下船者はいない。歩こうなんて物好きは私だけのようだ。


 少し歩くと大きな交差点があり、方向を確認してまた歩き出す。大きな商業施設らしい建物が見えてきた。道は未だ未だ続いている。とりあえづ駅まで頑張ろう。ふと目を右に遣ると小さな建物が見えた。それが駅のようだ。何とあっけない。八戸の港からは駅まで橋や工場や更には街とかを抜けて漸く辿り着いたのに、今回はあっけない。貨物列車を走らせるなら恵まれた土地、路線だっただろうに。
 とりあえず駅に着いた。これからの事については観光案内所に助言を頂こう。


舟遊5月の九州旅トップへ
広告


シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

さんふらわーの夜は更けて。 舟游5月の九州旅2

 最早引き返せない処がまたよいのかも知れない。ゴミゴミとした大阪の街の往来も遊園地のようだ。海の只中の船上で飲む酒の味はまた違う。


そうはいってもまだ旅の序盤である。港に出入りする船も多い。あの小舟は我々を追い掛けているのだろうか。それとも只行く先が同じなのだろうか。それにしても賑やかである。形が個性豊かなのも積み荷の中身を色々と想像させられて面白い。


やがて飛行機と交差する、陸はもう大阪府の果てか。
携帯電話の電波は入ったり入らなかったりを繰り返している。未だ未だ陸に囲まれている感覚だが随分孤独だ。
そろそろご飯にしよう。窓の風景ばかりではお腹は満たされない。丁度同じ事を考えていた人も多く自由に使える電子レンジは少々混雑していた。ようやく温っめ終わってラウンジに上がってみると丁度窓際の席が空いていた。運が良い。
焦る事は無い、チビチビやろう、牛肉にワインというがこれならビールの方が合ったかな。等と考えながら、でもやっぱりワインは美味で、要は色々とやってみたいなと考えていた。それにしても辛口なワインである。チーズが一袋あれば丁度良かったか。窓の景色が夕闇にぼんやりとして来た分だけ辛いアルコールの輪郭がはっきりとしてくる。


さて、船内はというと、皆各々の船室に戻って行ったのかこのスペースは空いてきた。と言っても静かでは無い。私の背後で盛り上がっているグループが一組いた。その方々以外は本当に皆引き上げて了った。
日はとっぷりと沈んで了ったようだ。窓の外はもう間も無く暗闇が支配するだろう。今日という日が名残惜しくもある。
「一緒に呑めへん?」
これは誘いに乗って良いのだろうか?例の後ろで盛り上がっていた人達の一人がそう言った。だいぶアルコールも入っているので頭がよく回らない。これも船旅というものだろうか。
結局席を移した。彼等も「舟遊プラン」らしい。何と帰りも同じ船のようだ。これは偶然なのだろうか?この格安プランが設定されているだけによく有りそうな話でもあるが。そして、大分神戸航路が船の故障で間引きしていて瀬戸内海航路の便数が少なかったこともあるかもしれない。実際私は大分神戸航路で計画を立てていたが運休だった。
ベテラン勢の意見も聞いてみたい。
この舟游プランであるが、鹿児島県の志布志と別府(又は大分)の間のルートは大別して二つある。九州の東側の宮崎県を通るか西側の熊本県を通るかである。私は宮崎回りの予定で彼等は熊本回り。九州を廻り廻って同じ船か。こういうのも面白い。同行しないかと誘われたが私は宮崎に用があるし、寝袋に三脚のあの荷物でバイクに乗るかという問題もあり断った。
そしてそのあとは色々と話して。何を話したかというと私も思考回路がパンクしていてよく覚えていないということにしておこう。そして解散になった。

舟遊5月の九州旅トップへ
広告


シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

食料調達からが船旅です。 舟遊、5月の九州の旅1

 旅の始まりは寝坊から。というか鉄道オタクが立てる予定というものに無理があるのかも知れない。ケチケチ旅行の筈が近鉄の特急を利用する事になった。まあ快適だからいいや。

近鉄名古屋駅の特急ホームにミル挽きコーヒの自動販売機が在り便利である。コンビニに比べて少々高いが直ぐに持ち込めるので有り難い。
大阪では時間的にあまり余裕が無い。食料をさっと調達せねばならない。難波駅の地上に上がってすぐのところにマクドナルドがあるのを確認。乗り換え時間も20分ほどあり一安心。格安スマホの小さい画面と遅い通信速度と闘いながら調べた時には津駅も近くコーヒーも緩くなって了った。準備が大切である。
今宵のワインのお供は手軽に牛肉が頂けるこのお店。安定の安さである。しかし、その隣が蒸気の魅惑のオーラに包まれていた。蓬莱の豚まん。名古屋に無いお店であり、ホクホクの肉汁といえばもう。結局二つのお店で半々で購入。急いで港に向かった。駆け足で乗り換えれば十分間に合う。


四ツ橋線中央線ニュートラムと乗り継ぎフェリーターミナルへ。駅から直結徒歩でも楽々。一昔前は市営バスを利用していたので手間だし時間もかかった。それに比べると大変良くなった。


二艘の船が堂々と並んで出航を待っていた志布志行きは奥の船長旅であるから 出航時間も早い 乗り場へは連絡バスで向かう 距離は短いがトラックが多く行き来し危ないバスに遅れたら乗船を断られるようだがそれも頷ける最終のバスに乗り乗船口へまだまだ新ターミナル開業祝いの花束が人気なターミナルを抜け船へ。今回は新造船ではなく旧い船のようだ。この船に乗れるうちに乗っておこう。


しばらくして船員さん達の動きが慌ただしくなる。そしてロープが外される時がやってきたこれから太平洋である。

舟遊5月の九州旅トップへ

広告


周遊5月の九州旅トップへ

シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。