さんふらわあ下船 志布志上陸! 舟游5月の九州旅3

船の朝は早くは無い。特にこの日は雲に被られていた為に朝日も見られない、只々大海原が広がっているだけなので、何かを見逃すということも殆どない。こうしてレストランの営業が始まっても船室でまったりしていた。
朝食はバイキング形式で620円。(改訂されている可能性もあるので公式ホームページ等で確認お願いします。)昼食を抜ける程胃袋に詰めておけばコスパが良い。貧乏旅行らしい思考である。海側の席は殆ど埋まっていた。その中で如何にも空いたスペースに無理矢理作った感じの二人掛け席が空いていた。二人掛けと言っても横に二人で目の前にパーテイションという如何にも一寸大きな駅そば屋という感じの席である。一人旅なら寧ろこちらの方が良い。

広告




もう既に陸が見える処を航行していた。茶色い岩肌が勇ましく、その間の平地はどこか郷愁をそそられた。
料理の内容はごくごく一般的な和洋食である。これを三回程おかわりしてデザートもしっかり食べて元を取った。

一寸苦しいが下船の準備に取りかかる。朝ゆっくりした分だけ残された時間はあっという間だ。車での下船が始まったが徒歩での下船は最後である。荷造りの仕上げに入る。舟を降りたは良いが何処へ行こう。無計画なので歩くしかないのだ。
志布志のフェリーターミナルは年期が入っていて小ぢんまりしている。そして駐車場は土地を贅沢に使っている感じがする。小さな港だが沖縄や東京からもフェリーがやって来るらしい。
おやおや、またあの飼育小屋の臭いがする。飼料の臭いだ。以前八戸で見たものと同じようなサイロもあり社名も同じだ。このような港の定番らしい。九州は酪農も盛んなようだ。ここから九州各地に飼料を届けている。


近くに公園があったので一休み。乗ってきた船がポツリと泊まっている。海を眺めるのは地球と一つになるようだ。皆バスに乗り換えたり車だったりで他の下船者はいない。歩こうなんて物好きは私だけのようだ。


 少し歩くと大きな交差点があり、方向を確認してまた歩き出す。大きな商業施設らしい建物が見えてきた。道は未だ未だ続いている。とりあえづ駅まで頑張ろう。ふと目を右に遣ると小さな建物が見えた。それが駅のようだ。何とあっけない。八戸の港からは駅まで橋や工場や更には街とかを抜けて漸く辿り着いたのに、今回はあっけない。貨物列車を走らせるなら恵まれた土地、路線だっただろうに。
 とりあえず駅に着いた。これからの事については観光案内所に助言を頂こう。


舟遊5月の九州旅トップへ
広告


シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

札幌新海誠展@札幌

いきなり北海道最終日の話題ですね。列車の遅延で飛行機に乗り遅れる確率が行程中一番低い用事の話です。

前日は札幌駅前のネットカフェで宿泊。結局ナイトパックでギリギリまでいたので疲労回復です。駅前のコンビニで小道具を購入して地下鉄乗車。いざ新海展へ!

 

芸術の森に到着後まず小道具を使って撮影。

「秒速5センチメートル」のひとこまを連想させられるかと思いますが。

そう、雪印の「カツゲン」とセイコーマートの「ミルクコーヒー」。どちらも北海道限定です。作品では種子島のローカルな商品でしたがその北海道版です。

では、行ってきます!

サックというと、死角のむこう、場面の転換が素晴らしかったです。曲がり角を曲がって最初に目に飛び込んでくるものに工夫が凝らせれていて物語のなかに居る感じでした。

他にもいろいろ気がついたことがあります。それはネタバレになるのもあるので別にページを用意しますね。こちらです。

結局閉館まで鑑賞していて辺りはすっかり暗くなってしまいました。雪に浮かぶ素敵な美術館です。

小道具の紙パックも幻想的に撮影できました。

そして思い付きでこんなものを書いてきました。

2月21日に書きました。22日以降ご覧になってくださった方いらっしゃるでしょうか?知らない通行人の方が見たらビックリしそうですね。

素敵なひとときをありがとうございました。

そして最寄りのバス停がまた素敵でした。

ログハウスみたいな作りで裸電球の暖かみがあってほんわかしますね。丁度雪も降ってきました。いい感じです。

さてさて飛行機の時間が迫っているのでバスを真駒内の駅で降りたらダッシュ!さっぽろ駅の乗り換えが遠いのが憎くなります。旅の儀式になってる駅そばもぬるめで注文。丁度よい温度で掻き込めました。ありがとうございます。思い出してみましょう。新海展を最後にした理由。そう、飛行機に乗り遅れないようにするためでしたね。なのにこんな状態です。撮影に夢中になりすぎました。ある意味危険だったかも。悪いのは私です。「飛行機の時間注意!遠征の基本でしょ!!!」
(再度になりますがネタバレありな感想です!)

シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。

何十年経過した気がします。~「君の名は。」の伝外小説について

新海誠の作品「君の名は。」(2016年 映画版東宝 小説版角川書店)の裏側を描いた小説「君の名は。 Another Saide:Earthbound」(2016年 加納新太著 角川書店)は彗星災害から何十年も経過したような気分にさせられる作品である。内容は本編と同時に進行しているが視点が異なる。しかし、時間がずれているような気がするのだ。

前畑良子選手をご存じだろうか?ベルリンオリンピック(戦前)の競泳の日本代表である。当時のラジオの中継では実況が「ガンバレ前畑!」を連呼したことで有名である。彼女の当時の日記が最近になって発見されたらしい。三年ほど前、調査された学芸員の方が話していたが、当時語られなかった心境を綴ったものもあるそうだ。その後の調査がどこまで進んだかは聞いていないがふとこの事を思い出させられた。

身近なところでは夏ということで戦争に関する新聞記事も多いこの季節。軍人の子孫や遺品が語る戦争の裏側が今年も発掘されている。そのような記事を戦後72年を経て我々の目に触れる。それに近い感覚である。
広告



当時は、しかもマスコミを通じて日本中に発信される場ではとても語れないことがこうして長い年月を経て発信されることがある。本編の最後で瀧が漁っていたマスコミの資料には書かれていない当事者のデリケートな思い。それが「君の名は。 Another Saide:Earthbound」で描かれている。

 

拙著「『君の名は。』について図書館学的に語ってみた。」

シェア、拡散歓迎です!宜しくお願いします。